賀正

あけましておめでとうございます。昨年後半は、スタッフの入れ替わり、所長の交代などで落ち着きませんでしたが、本年は心機一転、サービスの向上を目指してスタッフ一同張り切って参ります。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Posted in 未分類 | 賀正 はコメントを受け付けていません。

梅雨

関東地方では、6月7日梅雨入りしたといわれていますが、ここ世田谷にはあまり雨は降らず、訪問ヘルパーとしては過ごしやすい日が、続いています。ラッキー指でOKでもアジサイやカタツムリにとってはちょっとかわいそうかなあ・・・

Posted in 未分類 | 梅雨 はコメントを受け付けていません。

セラバンド

等々力ホームヘルプサービス5月末の研修では、セラバンドを使った体操を教えてもらいました。私たち訪問介護員は、毎日自転車に乗り、数件のお宅を回り体を使って仕事をしているので改めて体操なんてしなくても・・・とあなどっていましたが、40分ほどバンドを使って体を動かすと、首や肩の周りがすっきりと気持ちよくなり驚きました。あせあせ (飛び散る汗)

デイサービスでは、このような体操を毎日しているとのこと。いつまでも健康で元気にいたいものですね。

 

Posted in 未分類 | セラバンド はコメントを受け付けていません。

年度末のミーティング&研修

3月28日今年度締めのミーティング&研修が行われました。副所長の突然の移動にみんな絶句してしまいましたあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)今までお世話になりました。本当にありがとうございました泣き顔

Posted in 未分類 | 年度末のミーティング&研修 はコメントを受け付けていません。

ミーティング&研修

2月28日等々力ホームヘルプサービス事業所内研修がおこなわれました。内容は技術向上研修(車椅子介助と衣服着脱介助)でした。

実際に人を乗せて車椅子車椅子を押すのは、慣れないうちは変に力が入ってしまいます。利用者様に安心揺れるハートして乗っていただくために研修をかさねていきたいです。手 (チョキ)

Posted in 未分類 | ミーティング&研修 はコメントを受け付けていません。

梅の花

昨日は日中気温が上昇して、すっかり春の陽気でしたが、今朝は一転して冬の寒さ。そんな中でも自転車を走らせると、梅の花があちこちで満開になり、甘い香りになごまされています。

image1 (10)

今日は18時から事業所内研修があります。「接遇、職業倫理」について学びます。がんば!

Posted in 未分類 | 梅の花 はコメントを受け付けていません。

ミーテイング&研修報告

12/20(火)技術向上 「おむつの当て方」研修を行いました。2人一組でオムツを交互にあてて、漏れやすい部分などを確認し合いました。ちょっと冷や汗 (顔)恥ずかしかったですが、とても勉強になりました。

今日の研修で「この先、契約予定の利用者様がどんどん増えて、訪問介護員(ヘルパー)は足りな~い」と所長が泣いてましたあせあせ (飛び散る汗)ご興味のある方は老後を幸せにする会までぜひぜひご連絡くださいdouble exclamation私たちと一緒に全ての高齢者の方々を幸せにしましょう~ひらめき お待ちしております。手 (チョキ)手 (チョキ)

 

Posted in 未分類 | ミーテイング&研修報告 はコメントを受け付けていません。

ミーテイング&研修報告

11/29(火)等々力共愛ホームズにて、事業所内研修を行いました。

インフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症対策について学びました。8名の参加者がありました。毎年このシーズンになるとスタッフ一同気をつけていますが、基本に立ち返り、自身の健康管理、うがい手洗いの徹底、感染を広げないケアをめざしたいとおもいます。

 

Posted in 未分類 | ミーテイング&研修報告 はコメントを受け付けていません。

おいでな祭

securedownload securedownload-2 securedownload-1

10月16日おいでな祭が開催されました。

スタート10分前には100人ほどのお客さんがバザー目当てに並んでいました。ちゃんこがおいしく、お相撲さんの餅つきに皆が声をかけ、楽しいひと時を過ごしました。

Posted in 未分類 | おいでな祭 はコメントを受け付けていません。

認知症研修

認知症にはいくつかの種類がありますが、主なものとして、アルツハイマー型、脳血管型、レビー小体型、前頭側頭型認知症の4種類が挙げられる。その症状は、記憶障害や、見当識障害などの中核症状と、本人の性格や環境が加わって起こる周辺症状、(BPSD行動、心理症状)がある。

今回の研修で最も印象的だったのは、「認知症は本人の性格、置かれている環境に大きく作用され、症状も重複するので、まったく同じ症状の人は居ないと言える。ゆえにヘルパーとしての対応は、思い込みをせず、お一人お一人の利用者様の観察と臨機応変に行われなければならない。」ということ。そこにやりがいをもって挑んでいきたいと思いました。

 

Posted in 未分類 | 認知症研修 はコメントを受け付けていません。